返回首页
                              当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

                              日本史の叛逆者134

                              时间: 2019-05-24    进入日语论坛
                              核心提示: 鎌足の死で、帝と大海人《おおあま》の対立は決定的になった。 もはや、帝は皇太弟たる大海人の立場を無視することにした。 
                              (单词翻译:双击或拖选)
                               鎌足の死で、帝と大海人《おおあま》の対立は決定的になった。
                               もはや、帝は皇太弟たる大海人の立場を無視することにした。
                               太政大臣に、息子である大友《おおとも》皇子を任じ、側近の蘇我|赤兄《あかえ》を左大臣、中臣金《なかとみのかね》を右大臣にした。
                               特に、太政大臣はこれまでにない新設の官であった。
                               帝が後継者として、大友の地位を確固としたものにするため、新たに設けたのである。
                               大海人の政治的立場はまったく失われた。
                               あるのは、大友の正妃である十市《とおちの》皇女《ひめみこ》の父としての立場だけだ。
                              「いっそのこと、退隠するか」
                               大海人は、妻の|※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野《うの》に言った。
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は、眉をひそめて、
                              「それは本心でございますか」
                              「本心だと言ったら?」
                               大海人は※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野を見た。
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は、露骨に蔑《さげす》みの色を見せて、
                              「逃げるのは嫌でございます」
                              「逃げるのではない、退くのだ。退くのも兵法のうちだぞ」
                              「そうでしょうか」
                              「そうだ。そなたのように、進むを知って退くのを知らぬのは、猪と同じだ。いずれ大けがをするか、敵に捕まる」
                              「敵とはどなたのことでしょう?」
                              「——」
                               大海人は絶句した。
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は帝の娘なのである。
                              「もし、わたしが——」
                               それだけ言って、大海人は言葉を濁した。
                               だが、※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は敏感に察した。
                              「もし、帝と対立することがあれば、どちらに味方するか、ということでございますか」
                              「——」
                               そうだ、とは大海人には言えなかった。
                               そんな日が来ないことをのみ念じていたからである。
                              「わたくしは、あなたに味方します」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野はきっぱりと言った。
                              「よいのか」
                               大海人は、むしろ呆れたように、妻の顔を見返した。
                              「よいのです」
                              「わかった。もう言うな」
                               それは大海人にとって、最も心強い知らせだった。
                               大海人と※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は顔を見合わせた。
                              「いい妻を持ってよかったと思っている」
                               大海人が言ったその時だった。
                               帝からの使者が、大海人のもとへやって来た。
                               至急の召喚である。
                              「一体、何事だ」
                               大海人はとりあえず仕度をした。
                              「あなた、お気をつけになって、何か嫌な予感が致します」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野が言った。
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は勘の鋭い女である。
                               悪い予感は、はずれたことがない。
                              「わかった」
                               大海人邸から宮殿までは、わずかな距離である。
                               使者の蘇我臣安麻呂《そがのおみのやすまろ》が、門の外で待っていた。大海人を宮殿に導くためである。
                              「御苦労」
                               大海人は声をかけて、馬に乗ろうとした。
                               その時、安麻呂はすうっと近付き、小声で言った。
                              「帝の御前では、言葉にお気をつけ下され」
                               大海人は少し動きを止めたが、何も言葉を返さずに、馬に乗った。
                              (言葉に気をつけろ、とは——)
                               おおよその見当はついた。
                               宮殿に近付くと、今度はどこからともなく虫麻呂《むしまろ》が現われた。
                              「——なにやら、ただならぬ気配が致します」
                              「宮殿の中にか」
                              「はい」
                               馬の歩みに沿って、虫麻呂は、小走りについて来た。
                              「行かれぬ方がよいと存じます」
                              「いや、そうもなるまい」
                               大海人は真っ直ぐに前を見据えて言った。
                              「しかし、むざむざ火中に飛び込むこともございますまい」
                              「だが、行かねばまた新しい罠がかけられるまでのことよ」
                              「しかし——」
                              「いいから、このあたりに潜んでおれ」
                               大海人は唯一人で参内した。
                               帯びていた剣は、舎人《とねり》に取り上げられた。
                               帝の前に帯剣して出ることは出来ない。
                               帝は、いつもの場所ではなく、奥の間に一人で椅子に座っていた。
                               その顔には焦悴の色が濃い。
                              「どうなされました?」
                               大海人は驚いて言った。
                              「どうも体の具合がよくなくてな」
                              「それは、よくありませぬな」
                               そう言いながらも、大海人はあたりの気配をうかがっていた。
                               人数が伏せられているかもしれないのだ。
                               気配が感じられた。
                              「この際、そなたに位を譲り、朕《ちん》は身を退こうと思うが、そなたの存念はどうか」
                              「いえ、とんでもない」
                               大海人は跪《ひざまず》いて、頭を下げた。
                              「わたくしにそのような資格はありませぬ。御辞退申し上げます」
                              「なぜだ、こんなよい話はないではないか」
                               帝は驚いて言った。
                              (語るに落ちたな)
                               と、大海人は内心は思った。
                               餌をぶらさげれば、すぐに飛びつくと思い込んでいる。
                              「もし、どうしても位をお譲りになりたければ、大友皇子にお譲りになればよろしいのではございませぬか」
                              「いや、かの者はまだ若い」
                              「ならば、皇后《おおきさき》様にお譲りなさればよろしいではございませぬか」
                               大海人は間髪を入れずに言った。
                              「——」
                              「わたくしは、きょう限りに出家致します」
                              「出家——」
                               帝は目を見はった。
                              「はい。仏道修行に励みたく存じます。家の舎人、兵器はすべて朝廷に献上致します」
                               大海人は頭を下げ、そのまま逃げるようにして退出した。
                               帝は声をかけたが、大海人は無視した。
                               部屋の外へ出ると、大海人は舎人から自分の剣を受け取るやいなや、冠をはずして投げ捨てた。
                               そして、そのまま剣を抜いた。
                               舎人は顔を蒼白にして、後ずさりした。
                              「あわてるな」
                               大海人は笑い、もとどりを切った。
                              「わしはきょうより坊主になる。もはやこれは要らぬ」
                               と、大海人は剣を鞘におさめると、舎人に渡した。
                              「帝にお渡ししてくれ」
                               大海人はくるりと背を向けて、力強い足取りで宮殿を出た。
                              (矢が来るか)
                               それだけが気がかりであった。
                               帝が断固たる意志を示して、衛士《えじ》をして自分を狙わせれば、避けることはできないかもしれない。
                               だが、それは杞憂であった。
                               大海人は無事に宮殿を出ることが出来た。
                               邸に帰った大海人を見て、※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は絶句した。
                              「ふふ、驚いたか」
                              「どうなさったのです」
                              「——帝が、わしを殺そうとした」
                              「それは——」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は二の句が継げない。
                              「それゆえ、先手を取って坊主になってやったのだ」
                              「これから、どうなさいます」
                              「一切の身代を朝廷に献上する」
                              「まさか」
                              「いや、そうせぬと、こちらの身が危ない。——頭を剃るから手伝ってくれ」
                               大海人は奥に入ると、ただちに頭を剃り上げてしまった。
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は夫の素早い決断に、ただ呆れていた。
                               ただ、頭を剃ったついでに髭《ひげ》も落としてしまったため、夫が幾歳《いくつ》か若返ったように見えたのが、せめてもの救いだった。
                               大海人一家は、その日の暮れぬうちに、邸を明け渡して吉野へ向かった。
                               
                              轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
                              顶一下
                              (0)
                              0%
                              踩一下
                              (0)
                              0%

                              ------分隔线---------- ------------------
                              [查看全部]  相关评论
                              北京PK拾怎么样_香港六合彩怎么玩-湖北快3是真是假 饮食男女| 国足抵达菲律宾| 死神来了2| 首例咸猪手入刑案| 比特币| 百度地图| 雪莉住宅调查结束| 国足抵达菲律宾| 巴黎烟云| 昨日青空|