返回首页
                              当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

                              日本史の叛逆者135

                              时间: 2019-05-24    进入日语论坛
                              核心提示: 男は、その頃、都から少し離れたところにある廃屋で、新羅《しらぎ》からの新しい知らせを受け取っていた。 使者は口上で述べ
                              (单词翻译:双击或拖选)
                               男は、その頃、都から少し離れたところにある廃屋で、新羅《しらぎ》からの新しい知らせを受け取っていた。
                               使者は口上で述べた。
                               下手に書状に書いたりすれば、途中で奪われる恐れもある。
                              「沙《さ》|※[#「冫+食」、unicode98e1]《さん》様、それで御返答は?」
                               使者は新羅語でたずねた。
                               沙※[#「冫+食」、unicode98e1]様と呼ばれた男は、悲痛な顔をして、
                              「ただちに返答は出来ぬ」
                              「は?」
                              「だが、必ず、我が国にとってよきようにはからうとお伝えしてくれ」
                              「かしこまりました」
                              「それで、いつ来るかな?」
                              「遅くとも来年の冬までには参りましょう」
                              「あと一年か」
                               男は嘆息した。
                              「——苦労であった。下がってよい」
                              「ははっ」
                               使者が下がると、男は沙摩《さま》を呼んだ。
                               沙摩は道行《どうぎよう》亡き今、配下の中で最も手練《てだれ》である。
                              「何か、悪いお知らせでも?」
                               沙摩には予感があった。
                              「うむ」
                               男はうなずいて、
                              「長安に忍び入りし間者の報告によれば、大唐はついに、日本と和を結び、わが新羅を討つという方針を決めたそうだ」
                               沙摩は息を呑んだ。
                               それこそ、新羅人にとって、最も恐れていた事態である。
                               北の唐と南の日本が手を組めば、新羅を挟み撃ちできる。
                               まさに亡国の危機だ。
                              「どうなさいます」
                              「それを今、考えておるところだ」
                               男は腕を組んで、じっと考え込んでいた。
                               肝心なことは、日本が唐の申し入れに乗るか乗らぬか、ということである。
                               もし乗れば、本当に亡国の危機だ。
                               日本の兵は強い。
                               しかも、唐の侵攻に備えて、帝は軍備の拡張を続けている。
                               臨戦態勢だ。
                               すなわち、いつでも出兵出来るということでもある。
                               しかも、今の帝は、新羅に対して憎しみを抱き続けている。
                               唐が対新羅同盟を申し入れた場合、それに乗る公算が非常に大きい。
                              (どうすべきか)
                               男は考え続けた。
                               一つの手段として、今のうちに帝を暗殺してしまうことが考えられた。
                               だが、これは危険の大きい賭けだ。
                               もし、これが新羅の仕業だとわかったら、逆に日本の国論は打倒新羅で統一されてしまう。
                               帝の後継者は、必ず唐との同盟に踏み切るだろう。
                              「そちはどう思う」
                               男は沙摩にたずねた。
                               沙摩は迷わずに、
                              「——かの御方を暗殺すべしと考えます」
                              「いや、それはまだ早い」
                               男はあわてて言った。
                              「なぜでございましょう」
                              「かの帝が、唐との同盟に踏み切るかは、まだわからぬ」
                              「されど、唐よりの使者が来てからでは遅うございますぞ。手遅れになったら何と致します」
                              「——」
                               男は痛いところを突かれたと思った。
                               確かに、それが一番不安だ。
                               この国の出方を見ているうちに、唐の使者がやって来たら、帝はさっさと態度を決めてしまうかもしれぬ。
                               そうなってから暗殺しても、今度は絶対に新羅が疑われる。
                               だから、今のうちにやれ、というのが、沙摩の考えなのである。
                              (それはわかる。充分にわかる、が)
                               男は迷っていた。
                               他に手はないのか。
                               唐の使者を殺しても、その代りはいくらでもいる。
                               唐を今以上に刺激することもまずい。
                               とどのつまりは、沙摩の手段しかないのか。
                              (だが、今しばらくは様子が見たい)
                               と、男は思った。
                               先手を打つのもいいが、じっくり構えて待つことも戦略のうちである。
                               ふと脳裏に、息子の大海人のことが浮かんだ。
                              (今頃、何をしておるやら)
                               その大海人が、都を捨てて吉野に逃れたことは、まだ男の耳に入っていなかった。
                              轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
                              顶一下
                              (0)
                              0%
                              踩一下
                              (0)
                              0%

                              ------分隔线---------- ------------------
                              [查看全部]  相关评论
                              北京PK拾怎么样_香港六合彩怎么玩-湖北快3是真是假 僵尸之地| 冯天薇战胜陈梦| 苹果下架涉港app| 德鲁大叔| 火箭球星哈登改口| 日本取消阅舰式| 陈情令韩国定档| 黑金| 饮食男女| 红海行动|