返回首页
                              当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

                              日本史の叛逆者142

                              时间: 2019-05-24    进入日语论坛
                              核心提示: 決断をしたというものの、大海人の足取りは重かった。虫麻呂がいつの間にか、目の前にいた。「皇子様、お察し申し上げます」 
                              (单词翻译:双击或拖选)
                               決断をしたというものの、大海人の足取りは重かった。虫麻呂がいつの間にか、目の前にいた。
                              「皇子様、お察し申し上げます」
                               大海人は、黙って虫麻呂を見た。
                              「今さら、何を言っても始まらんのだ。ここまでくる間に、何とかできなかったものか」
                               つぶやくように、その言葉を漏らした。
                              「もともと、こうなる運命であったように、わたくしは思います」
                               虫麻呂はそう言った。
                              「運命か。運命といえば、母を同じくしながら、父は日本と新羅に分かれるということから、すでにこの運命は始まっていたのかもしれない」
                              「皇子様、栗隈郷の長、酒麻呂との連絡にはわたくしがまいりましょう」
                              「そうしてくれるか」
                              「皇子様も、お心を強くお持ちになりませんと」
                              「わかっている」
                              「では、まいります」
                               いつもは、いちいち断らない虫麻呂が、わざわざそう言って去ったのは、大海人の心のうちを思いやってのことである。そのことは、大海人にも十二分にわかった。
                               大海人はそのまま家に帰ったが、一言も口をきかなかった。
                               その様子に、妻の|※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野《うの》が気がついた。
                              「あなた、いったいどうなさったのです」
                               大海人は答えなかった。これが答えられるはずもない。
                              「何か、心に期すことがおありならば、わたくしに話してください。それが夫婦というものではありませんか」
                              「それはわかっている」
                               大海人は、その日帰って初めて言葉を口に出した。
                              「このことは、知らぬ方がいいかもしれぬ」
                              「何が起こったというのですか」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は問い詰めた。
                              「この国の危機が迫っている。その危機を防ぐためには、あることを為さねばならぬのだ」
                              「帝を討つと仰せられますか」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野が突然そう言ったので、大海人は驚いて妻の顔を見た。
                              「わかりますとも」
                               ※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は言った。
                              「あなたの妻です。あなたがどのような立場におかれ、何をお考えになっているのか、察しがつかなくてどうします」
                              「だが、わたしはそれが正しいことかどうか、本当は今も決めかねているのだ」
                               と、大海人は言った。※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は励ますように、
                              「もし、あなたがそれを正しいとお考えになるならば、たとえ誰が反対してもおやりになるべきです。人がいかなることを言っても、それは気にしなければよいではありませんか」
                              「だが……」
                               大海人は、あえて言った。
                              「わかっているのか。帝は、そなたの父なのだぞ。その父を、わたしは討とうとしているのだ」
                              「わかっています」
                               そう言って※[#「盧+鳥」、unicode9e15]野は、燃えるような目で大海人を見た。
                              轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
                              顶一下
                              (0)
                              0%
                              踩一下
                              (0)
                              0%

                              ------分隔线---------- ------------------
                              [查看全部]  相关评论
                              北京PK拾怎么样_香港六合彩怎么玩-湖北快3是真是假 国奥| 孙小果案再审开庭| 魔兽世界怀旧服| 周冬雨| 死神来了| 千图网| 死神来了2| 死神来了2| 那小子真帅| 吴磊|