返回首页
                              当前位置: 首页 »日语阅读 » 日本名家名篇 » 作品合集 » 正文

                              日本史の叛逆者145

                              时间: 2019-05-24    进入日语论坛
                              核心提示: 帝はしばらく気付かなかった。 しかし、いくら何でもおかしいと思ったのは、勢子の「竹麻呂」が先程から走り詰めに走っている
                              (单词翻译:双击或拖选)
                               帝はしばらく気付かなかった。
                               しかし、いくら何でもおかしいと思ったのは、勢子の「竹麻呂」が先程から走り詰めに走っていることだ。
                               随分と森の中を駆けているのに、獲物の白鹿はおろか他の勢子の姿も見えない。
                              「待て、とまれ」
                               帝は叫んだ。そして、自ら手綱を引きしぼって、馬をとめようとした。
                               驚いた馬は棹立ちになった。
                               帝は悲鳴を上げて、馬にしがみついた。
                               手綱をもぎ取られた形の早足は、急いで馬をなだめた。
                              「この無礼者めが」
                               帝が鞭でぴしりと早足の顔を打った。
                               早足の顔から血が流れた。
                              「お静まり下さい」
                               低いが、よく通る、毅然とした声がした。
                              「何者だ」
                               帝は、動揺さめやらぬ馬にしがみつくようにして、言った。
                              「わたくしです」
                               大海人が前に出た。
                               右手に槍を持ち、静かに帝を見つめていた。
                               その表情には、深い悲しみの色があった。
                               帝は、愕然として大海人を見た。
                              「何、何をしに参った」
                               大海人の頭に、ちらと別の考えが浮かんだ。
                              (もし、ここで日唐同盟のことを翻意させることが出来れば——)
                               だが、それは所詮意味のないことだと、大海人は気が付いた。
                               そう要求すれば帝はうなずくだろう。だが、それはこの場だけのことだ。
                               宮殿に戻れば、たちまち前言をひるがえし、大海人たちの追討を命じるだろう。
                               そうなっては、もはやこの国を救うことは出来ない。今を逃せば、二度と好機はないのだ。
                              「——この国の安泰のために、死んで頂く」
                               大海人はとうとうその言葉を吐いた。
                              「なんだと」
                               帝は怒りを露《あらわ》にして、
                              「気でも狂ったか、朕はこの国の王であるぞ」
                              「わかっている。だからこそ死んで頂くのだ」
                               その言葉と同時に、飛電のように鋭く早い槍が、帝の腹に突き刺さった。
                              「お、おのれ、逆徒め——」
                               帝は槍の柄を掴んで、苦痛のうめきをあげた。
                               大海人は、勇を振りしぼって、槍を左にねじり込んだ。帝はたまらず馬から落ちた。
                               どすんという大きな音がした。
                               帝は大地に叩きつけられていた。槍はその衝撃で腹から抜けていた。
                               気の遠くなるような激痛にもかかわらず、帝は傷口を押さえ、這うようにしてその場を逃れようとした。
                               その周りを、早足ら栗隈郷の若者四人、そして虫麻呂が囲んだ。
                              「助けてくれ、頼む」
                               行く手をさえぎる虫麻呂に、帝は取りすがった。
                               だが、虫麻呂は巌《いわお》の顔を変えない。
                               大海人は、その背後で槍をかまえた。
                               こうなったら、出来るだけ苦しませずにあの世に送ることが、慈悲というものである。
                              (成仏されよ)
                               大海人は、帝の項《うなじ》を一突きした。
                               ここは急所である。
                               帝は獣じみた叫び声を上げて硬直し、大海人が槍を引き抜くと、ゆっくりと仰向けに倒れた。
                               大海人は大地に静かに槍を置くと、前に進んで帝の死に顔を見た。
                               その目は、かっと見開かれ、その顔には激しい恐怖が刻まれていた。大海人は悲しげにその場に跪《ひざまず》くと、手をのばして帝の目を閉じさせた。
                              「——終わったな」
                               深い溜息と共に、大海人は目を閉じて、自ら手にかけた兄、いや本当は弟の冥福を祈った。
                              轻松学日语,快乐背单词(免费在线日语单词学习)---点击进入
                              顶一下
                              (0)
                              0%
                              踩一下
                              (0)
                              0%

                              ------分隔线---------- ------------------
                              [查看全部]  相关评论
                              北京PK拾怎么样_香港六合彩怎么玩-湖北快3是真是假 黄晓明| 绝代双骄| 骚扰电话黑色产业链| 钟无艳| 钟无艳| 蔡徐坤| 炽爱游戏| 步步惊心:丽| 李尚平枪杀案线索| 我可能不会爱你|